痛みが引かない、マヒしたまま…包茎手術の失敗例

包茎はデメリットだらけ!でも、治療を行うにしても正しい知識をつけて臨まなければ感度の低下や手術の後遺症など様々なトラブルを起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。包茎の手術費用が格安になっている今日、手術費用のみで治療法を選ぶのは危険です。当サイトでは「失敗しない包茎手術」のためのクリニック選びや術式選びについてまとめてみましたので是非チェックしてみてください。

痛みが引かない、マヒしたまま…包茎手術の失敗例

失敗しないためにはクリニック選びも大事

site_single_01

包茎であることを悩む男性は多いでしょう。ですが、包茎であるかどうかは裸にでもならないとわからないことなので、普段は隠すことであまり気にしないようにしている男性もいます。ですが、包茎を隠しているということはどこか自分に自信がもてなかったり、なんとなく堂々とできないような気持ちになってしまうことも少なくありません。

ですから身も心も堂々と生きていくために、包茎手術がおすすめです。包茎手術は若いうちに行えばメスを入れなくても施術できる方法もありますし、痛みを軽減できる方法もあります。そして多くの人が気になるのが、手術することで傷が目立ってしまうのではないか?ということでしょう。

内緒で手術を行っても、傷が残ることでバレることもあるので、将来的に彼女に引かれてしまうことを気にする人もいます。ですが、包茎手術も進化しているので、傷口がほとんど目立たないように施術することは可能です。そしてそんな安心安全な包茎手術を実現させるためにも、クリニック選びは慎重に行うといいでしょう。

費用がかかる・失敗してしまうというリスクもあるのが包茎手術ですから、間違っても費用が安ければOK!のクリニック選びにならないようにしましょう。そして一言で包茎と言っても、その姿形は人それぞれです。傷口が多少目立ってもいいのでしっかり手術してもらいたい人もいれば、傷口が目立つのであればやめておきたい人もいるでしょう。

どれくらいの傷口が残りそうかということも主治医にしっかり聞いておきましょう。人によっては耐えられる傷口でも、違う人からしたら耐えられないほどの傷口であることもあります。失敗だと感じる基準は人それぞれなので、傷口に注目したい人は手術後どういった傷になるのかを知っておくと良いでしょう。

また、傷口は隠すことで諦めることができることもありますが、諦めることや耐えることができないのが痛みなどです。手で気軽に触れることができる部分でもないため、痛みのある失敗は深刻で悲しい生活を送るはめにもなってしまうでしょう。

失敗例も調べてみよう

site_single_02

包茎手術は成功することを前提として行うわけですが、傷口が思っていたよりもクッキリと目立っている、何日も痛みが引かない、マヒしたままだという失敗例もあります。また、仕上がりの形が思い通りではなく、施術前のほうが良かったと思うような例もあります。形は大事にしている男性も多いですから、手術を決意した時はそういった失敗の例があるということも覚えておくといいでしょう。

そして施術後にガッカリしないためには施術前にちゃんと主治医とカウンセリングを行うことが大切です。費用に関しても最終的にどれくらいかかるのかを確認しておくといいでしょう。色々なクリニックと比較してみれば、どれくらいの手術費が妥当なのかも判断することができます。

また、手術後は成功だと思っていても、痛みが引かなかったり気になる点が出てくれば主治医に相談することが必要です。手術した後も丁寧に対応してもらえるようにアフターフォローがしっかりしているクリニックというのも選ぶ必要が出てくるでしょう。

包茎手術というのは恥ずかしさから内緒で行う人や、失敗しても隠し通してしまう人もいるものです。ですから失敗例というのが見つけにくくもありますが、失敗して悲しい思いをした人もいるということを理解しつつ行っていくといいです。クリニック選びをする時は知名度だけでなく実績も参考にするようにしましょう。

実績は信用できる基準にもなりますから、失敗を前もって避けるという意味でも良いでしょう。