最強の術式は?傷跡を残さない包茎クリニックの努力

包茎はデメリットだらけ!でも、治療を行うにしても正しい知識をつけて臨まなければ感度の低下や手術の後遺症など様々なトラブルを起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。包茎の手術費用が格安になっている今日、手術費用のみで治療法を選ぶのは危険です。当サイトでは「失敗しない包茎手術」のためのクリニック選びや術式選びについてまとめてみましたので是非チェックしてみてください。

最強の術式は?傷跡を残さない包茎クリニックの努力

自然な仕上がりこだわる包茎クリニックが増えている

site_special_01

一般病院の泌尿器科でも包茎手術は受けられます。機能面では問題ないのですが、不自然な仕上がりになるリスクがありました。

見た目を気にする男性には向かないことがありますが、そんな時でも包茎クリニックなら自然な仕上がりにこだわっているところが増えているのです。見た目でバレるリスクを抑えたい男性は包茎クリニックを選びたいところですが、包茎クリニックによって採用している術式に違いがあります。

術式によっても仕上がりが違ってきますので、術式の特徴についても事前に知っておいたほうが良いです。包茎クリニックで一般的な術式なのが環状切開です。一般病院の泌尿器科で受けられる包茎手術もこの術式であることが多いです。

この術式では簡単に言うと余った包皮を輪切りに切って縫合しています。包茎手術時間が短くて済むのですが、その代わりに亀頭付近と根元付近の色の違う皮膚を縫い合わせる関係でツートンカラーになり見た目が不自然になることがありました。

最強の術式が登場

そこで最近では複合曲線作図法と言う術式を採用する包茎クリニックが登場しています。この術式では一人一人の男性患者さんに合わせて作図していくと言う特徴があります。切除ラインが亀頭のカリに隠れるように切除していくため傷痕が目立たないです。

環状切開のようなツートンカラーにならず、自然な仕上がりになるのが一番のメリットです。その代わりに環状切開と比べると費用が高めになる、包茎手術時間が長めになるなどのデメリットがあります。

他にもいろいろな術式が

亀頭直下埋没法と言う術式も亀頭のすぐ下で縫い合わせていますので傷跡が目立たないです。勃起時の長さに合わせて包皮を切除していますので突っ張り感も出にくいです。ナチュラルピーリング法と言う術式では包皮を切除せずに、医療用の糸を使用し数か所縫合して剥き癖を付けています。

軽度な仮性包茎に向いている術式で、もし仕上がりが気に入らなくても簡単に元に戻せるのが大きいです。仕上がりは医師の技術力によっても左右されます。そこで日頃から最新の技術力を磨く努力を行っている包茎クリニックが増えています。

詳しくは下記の表で比較してみてください

包茎クリニック site_item_01
ABCクリニック
site_item_02
上野クリニック
site_item_03
皐月形成クリニック
site_item_04
東京ノーストクリニック
site_item_05
東京メンズサポートクリニック
カウンセリング 無料 無料 無料 無料 無料
クリニック 全国14院 全国14院 全国5院 全国31院 東京新宿院
実施術式 クランプ法
亀頭直下法
複合曲線作図法 亀頭直下法
切らない手術
環状切開術
切らない手術
亀頭直下法
根部切除法
手術費用目安 5万円〜15万円 7.2万円〜15万円 4.9万円〜 7万円〜14万円 10万円〜
学割 あり なし なし あり なし
キャンペーン 包茎手術3万円〜
全治療が30%OFF
なし なし 全治療が50%OFF 包茎治療5万円〜
支払い方法 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン
おすすめ度