早漏防止、短小改善など効果あり・ヒアルロン注入オプション?

包茎はデメリットだらけ!でも、治療を行うにしても正しい知識をつけて臨まなければ感度の低下や手術の後遺症など様々なトラブルを起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。包茎の手術費用が格安になっている今日、手術費用のみで治療法を選ぶのは危険です。当サイトでは「失敗しない包茎手術」のためのクリニック選びや術式選びについてまとめてみましたので是非チェックしてみてください。

早漏防止、短小改善など効果あり・ヒアルロン注入オプション?

ヒアルロン注入オプションを付けたい時はどんな時

site_special_02

包茎手術を行っているクリニックではオプションをご用意していることがあります。オプションには亀頭のサイズを大きくする目的で行われる亀頭増大術や、ペニスを長くする目的で行われる長茎術などがあります。必要に応じて費用を追加しオプションを付けていきます。

そんなオプションの中にヒアルロン酸注入があります。このヒアルロン酸注入オプションは亀頭増大術の一つです。長茎術のようにペニスを長くすることはできませんが、一定以上の短小改善が期待できます。

包茎状態が長く続くと亀頭が敏感になり早漏に繋がりやすいことがありました。そんな時でもヒアルロン酸を注入すると早漏の原因になっている敏感さが和らぐため、一定以上の早漏防止も期待できるのです。

ヒアルロン酸は保湿力が高く、肌に潤いを与えるとよく化粧品などにも配合されています。人の体内の様々な場所に存在している成分ですので、亀頭に注入しても安心安全です。麻酔が使用されますのでヒアルロン酸注入時には痛みを感じないです。

ヒアルロン酸の注入量が多いほど亀頭のサイズアップ効果、早漏防止効果が高くなりますが亀頭と言う身体の中でも狭い場所に注入しますので限りがあります。5分から10分ほどで終了しますのでお仕事で忙しい方でも大丈夫です。

当日からシャワーを浴びることはできますが、浴槽への入浴は明日からと言われることがあります。性行為をするには一定期間待たないといけないですが、殆ど傷痕が残らずヒアルロン酸注入じたいはバレるリスクが殆ど無いと言うメリットが大きいです。

包茎手術のようにメスを入れないために身体的な負担も軽く手軽に受けることができます。その代わりにヒアルロン酸は注入後少しずつ身体に吸収されていきます。効果を持続させようとすると定期的にヒアルロン酸の注入が必要になります。

費用は包茎手術を行うクリニックによってまちまちですがヒアルロン酸1本1ccで約10万円かかります。個人差がありますが短小改善目的の場合は3ccから5ccほど、早漏防止目的の場合は2ccから3ccほどの注入量が必要と言われています。

詳しくは下記の表にまとめてみましたので比較してみて下さい。

包茎クリニック site_item_01
ABCクリニック
site_item_02
上野クリニック
site_item_03
皐月形成クリニック
site_item_04
東京ノーストクリニック
site_item_05
東京メンズサポートクリニック
カウンセリング 無料 無料 無料 無料 無料
クリニック 全国14院 全国14院 全国5院 全国31院 東京新宿院
実施術式 クランプ法
亀頭直下法
複合曲線作図法 亀頭直下法
切らない手術
環状切開術
切らない手術
亀頭直下法
根部切除法
手術費用目安 5万円〜15万円 7.2万円〜15万円 4.9万円〜 7万円〜14万円 10万円〜
学割 あり なし なし あり なし
キャンペーン 包茎手術3万円〜
全治療が30%OFF
なし なし 全治療が50%OFF 包茎治療5万円〜
支払い方法 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン
おすすめ度